冬季に多発する温度差で起こるヒートショックとは

冬季に起こる温度差によるヒートショックは、体が急激な温度変化に適応できず、その結果生じる問題です。
一般的には、外気温が非常に低い状態で外に出て、急激に室内などの温かい場所に入ることで発生します。
この場合、体が急速に温度変化に対応することができず、血管が収縮・拡張することが困難となり、血行障害や心臓への負担を引き起こす可能性があります。
その結果、めまい、失神、心臓発作などの症状が現れることがあります。このような状況では、体を徐々に温めたり
、外出時に適切に着込んだりすることでヒートショックを防ぐことが重要です。

ダイエットの事なら当院にご相談ください。