麻疹流行

「季節の変わり目に気をつけたい感染症のひとつ、はしか(麻疹)についてご紹介します。

はしかは、高度に感染性のウイルスによって引き起こされる感染症です。その症状は以下の通りです。

まず、発熱が起こります。初期症状として、高熱が出ることがあり、体温は39度以上にも上がることがあります。

その後、3〜5日後に赤い発疹が現れます。最初に顔や髪の生え際に発疹が見られ、次第に体全体に広がっていきます。

また、はしかに感染すると、乾いたせきが出ることがあります。咳が強く、特に夜間に悪化することがあります。

さらに、鼻水や目の充血、結膜炎が見られることもあります。頭や首のリンパ節が腫れることも特徴的です。

これらの症状に加えて、全身のだるさや倦怠感が伴うこともあります。

はしかの症状が現れた場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。はしかは重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、早期の診断と適切な治療が必要です。

また、はしかの予防のためには、定期的なワクチン接種が重要です。予防接種を受けることで、感染リスクを減らし、健康を守ることができます。健康管理には気を配りつつ、安全な生活を送りましょう。」

何かお困りの症状などございましたら当院にご相談ください!!