日本のED患者数

日本国内の統計では、軽度のEDを含めると約1,800万人といわれ、男性の3人に1人がEDという割合になり、特に高齢になるほど増加し、60歳以上では2人に1人がEDと言われています。
しかし、治療を受けている人は実際の患者数よりずっと少ないのが現状です
その概数は40歳未満:1〜10%、40歳代 15%、50歳代 30.1%、60歳代 51.1%、70歳代 75.6% の方がEDと診断されています。
ED治療は是非当院にご相談下さい!