AGA内服薬と外用液の効果

AGAは進行性の脱毛症であるため、治療をしなければ薄毛・抜け毛は進行し続けます。
また、セルフケアや市販の育毛剤を試すだけでは症状を改善させることが困難です。
AGA治療薬は抜け毛や薄毛といったAGAの症状を改善する薬のことです。
内服薬と外用薬の2種類あり、薬ごとに効果や副作用が異なります。
AGA内服薬は、錠剤などを飲んで効果を期待する薬のことです。
プロペシアやザガーロなどが内服薬の例として挙げられます。
一方で、AGA外用薬は頭皮に薬を塗布することで効果を期待します。
発毛促進の作用を含む成分が用いられており、ミノキシジルが主な外用薬です。
外用薬は効果がゆるやかな分、内服薬より重い副作用が起こりにくいのが大きな違いです。
成分を体内に直接取り入れる内服薬にどうしても抵抗がある方は、外用薬が使いやすいでしょう。
AGA治療は、是非当院にご相談下さい!