ED と喫煙!!!

喫煙は、勃起不全(ED)のリスクを高める要因の1つです。以下に、喫煙がEDに与える影響につ
いて説明します。
血管への影響:喫煙は血管を収縮させ、血液の流れを制限することがあります。正常な勃起には
、充分な血液の流れが必要ですが、喫煙によって血流が制限されると、勃起の品質や持続性が低
下する可能性があります。
神経系への影響:喫煙は中枢神経系にも影響を与えることがあります。これにより、勃起の制御
に関与する神経にも悪影響を及ぼすことがあり、EDのリスクを高める可能性があります。
ホルモンバランスへの影響:喫煙はホルモンバランスにも影響を与えることがあります。特に、
テストステロンという男性ホルモンのレベルを低下させる可能性があります。テストステロンは
性欲や勃起に関与する重要なホルモンであり、その低下はEDのリスクを高めることがあります。
喫煙によるEDのリスクは、喫煙量や期間によっても異なりますが、喫煙をやめることでEDのリス
クを減らすことができます。禁煙はEDの予防や治療の重要な一環となりますので、禁煙を検討す
ることをおすすめします。医師や禁煙支援プログラムなど、専門家のサポートを受けることも有
益です。
ED治療は、是非、当院にご相談ください!!