AGA フィナステリドとは

フィナステリドとは、薄毛の進行を抑制するAGA治療薬です。
アメリカの医薬品管理局「FDA」にも認可されており、世界中で利用されています。
AGA発症の原因は「ジヒドロテステロン(DHT)(以下DHT)と呼ばれる男性ホルモンが関係しています。
DHTは、男性ホルモンの一種「テストロン」と還元酵素「5αリダクターゼⅡ型」が
統合することにより生成される成分です。
人の髪の毛は、通常2〜6年を周期に発毛・脱毛を繰り返していますが、
DHTはそのヘアサイクルを極端に短縮させる作用があります。
フィナステリドには、5αリダクターゼⅡ型を阻害する働きがあります。
それによって、DHTの生成が妨げられるので、ヘアサイクルを正常に戻し、
抜け毛・薄毛を改善する事が可能です。
ただし、フィナステリドの服用開始時期には、初期脱毛の症状が現れやすいです。
これは、フィナステリドの作用によって、ヘアサイクルが正常に戻り、
新しい成長期が始まるために引き起こされる症状です。
休止期の毛髪が新しい毛髪に押し出されて抜けていくことで初期脱毛が起きますが、
これはフィナステリドが正常に作用している証明なので、服用を続けても問題はありません。
AGA治療は、是非当院にご相談下さい!