AGAデュタステリドとは

デュタステリドとは、元々AGA治療の有効成分としてではなく、
前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
デュタステリドには、薄毛の予防と、発毛促進も両方の効果が期待出来ますが、
AGA治療薬の中では、薄毛を予防する「守り系」に分類される薬です。
ただ、臨床試験では被験者の毛髪増加が確認されています。
前回のブログで取り上げた、同じ「守り系」のフィナステリドとの違いは、
フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型にしか作用しませんが、
デュタステリドは5αリダクターゼのⅠ型Ⅱ型の両方に作用します。
Ⅰ型は全身の毛乳頭細胞に分布しているので、より広範囲の薄毛に効果があるとされています。
AGA治療は、是非当院にご相談下さい!