AGA薬の服用期間

AGAは進行性のため、放っておけば薄毛症状は進む一方です。
さまざまなことが複雑に絡み合ってAGAを発症・進行させるため、一度症状が現れてしまうと完治は難しいとされています。
なので、治療には薬を継続して服用する必要があります。
服用を中止した場合は、半年から1年ほどで再びヘアサイクルが乱れ、薄毛の症状が見られるようになります。
ただし、一生飲み続けなければいけないわけではありません。
薬の効果が見られれば、必要に応じて種類や量を減らしつつ効果を持続させることも可能です。
また、AGA治療は長い治療期間が必要になるだけに、ゴールがあると治療が続けやすくなります。

治療をどこまで続けるかは、ライフスタイルや心境によってさまざまです。

髪の成長には個人差もあることから、他の人のゴール設定は必ずしも自分に当てはまるとは限りません。
減薬や治療のやめ時のタイミングも異なるだけに、いつまで続けるのか自分だけのゴールを設定してみてください。
このタイミングについては医師に適切に判断してもらうようにしましょう。
AGA治療は、是非当院にご相談下さい!